シンボルツリーは何が良いか?[長野県で新築ローコスト住宅をご検討の皆様へ] | 長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン

長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン       

イベント情報

シンボルツリーは何が良いか?[長野県で新築ローコスト住宅をご検討の皆様へ]|2021年11月2日

家モンは、長野県駒ヶ根市を中心に、飯田市、高森町、松川町、飯島町、宮田村、伊那市、南箕輪村、箕輪町など長野県南信地区に特化したローコスト住宅ブランドです。

こんにちは。家モンの営業好村です。

 

新築を建てる際、同時にシンボルツリーを

検討している方も多いと思います。

 

シンボルツリーとは

読んで字の如く庭のシンボルになる庭木のことです。

細かな規定はもちろんないので、

お気に入りの樹木を玄関先などの目立つところに

植える方が多いようです。

 

シンボルツリーを選ぶ際に気を付けたいのが、

植えようとしている樹木が

 

『落葉樹』か『常緑樹』か

 

把握しておくことです。

落葉樹は温かくなると葉をつけ、寒くなると葉を落とす樹種です。

逆に常緑樹は、年間を通して緑の葉がついている樹種のことです。

もちろん常緑樹も多少葉は落ちますが、落葉樹ともなれば一斉に

すべての葉が落ちてしまうので、掃除が必要になります。

 

また、樹木の成長スピードもポイントになってきます。

あまり成長スピードの速い樹種だと剪定の回数も増えますし、

少し目を離すとお隣に越境してしまっていたなんてことも。

 

他にも実がなるか否か、寒さに強いか等自分の住む環境に適合する樹木か

というところも、重要になってきます。

せっかくシンボルツリーを植えるなら、長く付き合っていきたいもの

手に負えなくなり、伐採してしまう事態を避けるためにも

しっかり熟考して選びたいものです。

 

最後にシンボルツリーには適しにくいものを2種だけ

ご紹介したいと思います。おすすめの樹種は数多く出てきますが、

おすすめしないものを調べるとほとんどこの2種は入っていました。

 

~桜~

春満開の桜が家の庭先で見られるのは最高ですが、

幹が太く育ち、敷地を圧迫しますし毛虫も大量発生し

管理が非常に難しいようです。

 

~ゴールドクレスト~

見た目が可愛らしく一時人気だったそうですが、

成長が非常に早く、その割に根が浅いそうで

倒木の危険性があるようです。

【長野県 伊那、駒ケ根、飯田エリアで展開!!】
今、全国で話題の新築ローコスト住宅専門店が
ついに、長野県駒ケ根市に上陸!新築ローコスト住宅専門店 家モン
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
飯田市、高森町、松川町、飯島町、宮田村、伊那市、南箕輪村、箕輪町など、
長野県南信地区にて展開しております。
モデルハウス見学は随時予約受付中!!

お知らせ
【住宅ローン相談会のお知らせ】
家モンでは随時住宅ローン相談会を開催しております!
・家づくりを考えているけど何から始めればいいかわからない
・子供の学区は変えたくないけど土地があるかわからない
・借金があるけど住宅ローンが借りられるのか不安…
などなど住宅に関するお悩みを解決いたします。
相談は無料となっておりますので是非駒ヶ根事務所へお越しください。

家モンスタッフ

 

 

 

友だち追加
住宅ローン無料相談
  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン       
予約特典あり!イベント予約