長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン       

イベント情報

住宅ローン控除は年末調整が必要?|2020年11月22日

家モンは、長野県駒ヶ根市を中心に、飯田市、高森町、松川町、飯島町、宮田村、伊那市、南箕輪村、箕輪町など長野県南信地区に特化したローコスト住宅ブランドです。

こんばんは。ローコスト住宅専門店 家モンの三好です。

今年もあとわずかになりましたね。
去年のように雪が降らなければいいのですが、今年はそれなりに降る見込みだそうです。

 

さて今日は新築した後に必要になる住宅ローン控除についてです。
ですので、少し長くなります。

 

給与所得以外に収入のない会社員が住宅ローン控除を利用する場合、
住宅ローンを組んで入居した1年目は確定申告、2年目以降は年末調整での手続きを行います。

 

住宅ローン控除とは正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、
国の制度として「住宅ローン減税」と呼ばれることもあります。

合計所得金額3,000万円以下の個人が、一定の住宅ローンを利用して住宅を
新築または取得、あるいは増改築した場合に利用できる制度です。
ただし住宅は床面積が50平方メートル以上であり、床面積の2分の1以上の
部分が専ら自己の居住の用に供するものである必要があります。
また、一定の住宅ローンとは、返済期間が10年以上の割賦償還による
返済方法の借入金とされており、ご自身の親や知人から住宅購入資金を
借りても控除の対象になりません。

住宅ローンの年末残高(12月31日時点の住宅ローンの残高)の1%相当額が、
最大40万円(認定長期優良住宅などは 50万円、個人間売買の中古住宅は20万円)
その年に納税した所得税から控除されます。所得税から引き切れない額がある場合は、
所得税の課税総所得金額の7%を限度として最大136,500円が住民税からも控除することができます。

控除される期間は10年間なので、合計最大400万円
(認定長期優良住宅などは500万円、消費税が非課税の中古住宅は200万円)が還付されます。

 

1年目は確定申告が必要
住宅ローン控除を受けるためには、入居した翌年に確定申告をしなければなりません。
確定申告の時期は、会社員などの給与所得者は購入・入居した年の翌年1月1日から3月15日まで、
自営業者など毎年確定申告を行っている場合は2月16日~3月15日(※)
の一般の申告とあわせて行います。還付金は確定申告後1ヵ月~2ヵ月程度で指定した銀行口座に振込まれます。

2年目以降は年末調整で住宅ローン控除の適用を受ける
給与所得以外に収入のない会社員の場合、入居して2年目以降は
年末調整で住宅ローン控除を受けることができます。

年末調整の書類を勤務先に提出する際には、必要な書類もあわせて提出する必要があります。

ただし、個人事業主や年収2,000万円以上の会社員など、
年末調整を利用しない人は2年目以降も確定申告が必要になります。

概要だけですが、こんな感じです。

書いてある内容は難しく感じるかもしれませんが、やってみるとそんなに
難しくはないと思います。

 

ではまた来週。

【長野県駒ケ根市で展開!!】
今、全国で話題の新築ローコスト住宅専門店が
ついに、長野県駒ケ根市に上陸!新築ローコスト住宅専門店 家モン
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
モデルハウス見学を随時予約受付中!!

お知らせ
【住宅ローン相談会のお知らせ】
家モンでは随時住宅ローン相談会を開催しております!
・家づくりを考えているけど何から始めればいいかわからない
・子供の学区は変えたくないけど土地があるかわからない
・借金があるけど住宅ローンが借りられるのか不安…
などなど住宅に関するお悩みを解決いたします。
相談は無料となっておりますので是非駒ヶ根事務所へお越しください。

家モンスタッフ

 

 

 

友だち追加
住宅ローン無料相談
  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン       
予約特典あり!イベント予約