玄関ドアの開き方 | 長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン

長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン       

イベント情報

玄関ドアの開き方|2021年7月12日

家モンは、長野県駒ヶ根市を中心に、飯田市、高森町、松川町、飯島町、宮田村、伊那市、南箕輪村、箕輪町など長野県南信地区に特化したローコスト住宅ブランドです。

 

 

こんにちは。家モン営業の好村です。

 

タイトルの通り、片開戸の玄関ドアはほとんど『外開き』が採用されています。

しかし、外国では玄関ドアの開き方向は、『内開き』が主流なんだそうです。

そもそも日本建築では玄関も引き戸が主流でしたが、

建物が洋風化していくにつれて片引き戸が台頭してきました。

 

しかし、日本では『外開き』となった片開戸

これには日本と外国のライフスタイルの差が

密接に関係しているようです。

 

日本では、室内に上がるときに靴を脱いで上がります。

一方外国では、土足のままが主流です。

そして、靴を脱ぐ際に扉が内開きだった場合、

扉の可動域の分だけ靴を脱ぐスペースが狭くなってしまいます。

これが、日本の玄関ドアが外開きである理由です。

普段はこれが当たり前だから気にしないでしょうが、

実際、ホテルなどの場合はほとんど内開きになっています。

ホテルでは玄関で靴を脱がないので内開きなのです。

 

 

 一方、内開きにも防犯面などメリットがあります。

外部からの侵入を防ぐ際は室内側から押すことのできる

内開き扉の方が防犯性に優れています。

また、河川の氾濫などの際に内開きであれば、

水圧に関係なく扉を開けることができますが、

外開きの場合は、開かなくなってしまいます。

 

 

文化の違いや地域性でも建築の

仕様は細かく変わってきます。

ネットでおしゃれな家の画像を見つけたからと

そのまま採用してしまうと、

生活を不便にしてしまいかねません。

使い勝手をしっかりイメージして採用しましょう。

【長野県駒ケ根市で展開!!】
今、全国で話題の新築ローコスト住宅専門店が
ついに、長野県駒ケ根市に上陸!新築ローコスト住宅専門店 家モン
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
モデルハウス見学を随時予約受付中!!

お知らせ
【住宅ローン相談会のお知らせ】
家モンでは随時住宅ローン相談会を開催しております!
・家づくりを考えているけど何から始めればいいかわからない
・子供の学区は変えたくないけど土地があるかわからない
・借金があるけど住宅ローンが借りられるのか不安…
などなど住宅に関するお悩みを解決いたします。
相談は無料となっておりますので是非駒ヶ根事務所へお越しください。

家モンスタッフ

 

 

 

友だち追加
住宅ローン無料相談
  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン       
予約特典あり!イベント予約