長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン       

イベント情報

寒さ対策しましょー|2020年10月20日

家モンは、長野県駒ヶ根市を中心に、飯田市、高森町、松川町、飯島町、宮田村、伊那市、南箕輪村、箕輪町など長野県南信地区に特化したローコスト住宅ブランドです。

 

私の寒い時期の悩みといえば、もうみなさんご存知だと思いますが…

 

 

社用車の暖房温度設定、リーダーと合わない問題。

 

これです。笑

 

俗に言う、三澤 茹でダコ現象ってやつです。笑

 

 

もうそんな季節になりまして、リーダーと社用車移動の際は灼熱の温度設定に耐えながら移動しております。

 

 

 

そんな、家モン事業部イチ寒がりのリーダーを始め(もうヒートテックを着用しているというウワサ…)みなさんに試していただきたい寒さ対策のご紹介!!!

 

寒い冬、暖房を使った部屋で過ごしていても「なぜか寒く感じる」「室内なのに手足が冷える」ということはありませんか?

できるだけ費用を抑えつつ、手軽にできる寒さ対策をご紹介します!
寒い冬を乗り切るヒントとして参考にしてください!

 

 

暖房を使っても部屋が暖まりにくかったり、寒く感じたりするのには、3つの原因があります。
それは「窓」「壁」「床(コールドドラフト現象)」です。

 

「窓」…閉め切っていても冷気は室内に入りこむ

 

壁や屋根に断熱材を施している部屋であっても、冬場、部屋の窓際にいくと「寒ッ!」と感じることはありませんか?
そう、部屋の温度を下げる大きな原因のひとつは「窓」です。

 

窓というのは、たとえ閉め切った状態でも熱伝導の働きで、室内の暖かい空気はどんどん外へ逃げ、外の冷たい空気は室内へ入り込みます。そのため、窓が多い部屋や大きな窓がある部屋は、比較的寒さを感じやすいといえるでしょう。
また構造上、窓枠と窓ガラスのフレームの間に隙間があります。特に年数が経ったサッシだとパッキンの劣化で、より隙間ができてしまっていることがあり、なおのこと空気の出入りが激しくなり、部屋が冷える原因になります。

次のような、窓周辺の対策を重点的に行うことが、部屋の寒さ対策に効果的といえるでしょう。

 

 

 

〈窓対策〉隙間テープを窓の隙間に貼る!

 

「隙間テープ」とは、スースーと冷気が通り抜ける窓の隙間をふさぐためのアイテムです。
そもそも窓には、窓枠と窓ガラスのフレームの間に隙間があります。特に年数が経ったサッシだとパッキンの劣化で、より隙間ができてしまっていることが考えられます。隙間風が気になる方は、窓のサッシと窓枠の間に隙間テープを貼ってみましょう!隙間テープはホームセンターや100円ショップなどで安く買うことができるので、おすすめです。

 

 

 

〈窓対策〉防寒効果を考えてカーテンを見直す

 

カーテンは、季節に合わせて生地・丈・幅を見直すことで寒さ対策ができます。

■カーテンの生地

カーテンの生地が薄手だと、窓から伝わる冷気を通しやすくなります。冬場のカーテンは裏地付きのもの、もしくは防寒機能がついたものを使用することをおすすめします。

 

■カーテンの丈

カーテンの丈が短いとその隙間を通って室内に冷気が抜けてきます。冬場のカーテンは、少したるむくらい長めのカーテンの方が防寒効果を期待できます。

 

■カーテンの幅

窓の大きさに対して、覆うカーテンのサイズが大きいほど、防寒効果があります。カーテン幅に余裕があり、カーテンレールが2本あれば、カーテンサイドを巻き込むようにカーテンをかけてみましょう
方法としては、部屋側のカーテンの端のフックを2つ外し、端から2つ目のフックを部屋側のレールの固定部分にかけ、一番端のフックを窓側の固定部分に付けかえるだけです。
この作業によりカーテンが窓を覆うことができ、カーテンボックスのようにカーテンの横から入り込む冷気を防ぐ効果が高まります。

 

 

ちょっとしたことなんです。すぐ出来そう!!って感じしませんか??

 

カーテン買うのは少し考えちゃいますけどね(+_+)

レースはまだいいけど、ドレープはお値段がね~。

 

でも、季節で交換できるように持っていれば、お部屋の雰囲気も変わって素敵ですよ☆

 

 

 

 

 

もうひとつ…

 

床ですよ…。床暖入ってりゃー暖かいけどさ…

無いとやっぱり寒い!!ですよね。

冷える床の防寒には、すぐに暖まるホットカーペットが便利ですが、使い続けるとそれだけ電気代がかかりますよね。
電気代をかけずに寒さ対策をしたいということなら、できるだけ防寒効果の高い素材のカーペットを選んで敷きましょう。冷気が伝わりやすいフローリングの床をカーペットで覆うことは、冬の寒さ対策に必要不可欠です。
一般的なカーペットに使用されている素材で、保温性に優れているといわれるものはウールや羊毛素材です。ウールや羊毛以外の素材であっても、毛足が長く、ふんわりとしていて厚みがあるものは、空気を多く含むので暖かく感じますよ!

さらに防寒をするなら、カーペットやラグの下には、アルミシートを敷きましょう!

 

 

 

 

私はそもそもフローリングのヒヤっと感が嫌いで、タイルカーペット愛用中!

汚れが気になったらその部分だけ外して洗えるので、ほんとあいつは最高なヤツです。

 

フローリングはホコリがコロコロと転がるし、お部屋全体、特に隅に溜まりやすいですが

カーペットはホコリがコロコロせず、主に人が歩く部分にホコリが付くと言われています。

 

 

 

おっと

話がずれてしまった( ゚Д゚)

 

 

 

とにかく、頑張ってこれからの寒い季節乗り切ろうって話!!(急に雑!)

 

 

 

 

 

 

 

じゃ、また~

三澤でした!

 

 

【長野県駒ケ根市で展開!!】
今、全国で話題の新築ローコスト住宅専門店が
ついに、長野県駒ケ根市に上陸!新築ローコスト住宅専門店 家モン
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
モデルハウス見学を随時予約受付中!!

お知らせ
【住宅ローン相談会のお知らせ】
家モンでは随時住宅ローン相談会を開催しております!
・家づくりを考えているけど何から始めればいいかわからない
・子供の学区は変えたくないけど土地があるかわからない
・借金があるけど住宅ローンが借りられるのか不安…
などなど住宅に関するお悩みを解決いたします。
相談は無料となっておりますので是非駒ヶ根事務所へお越しください。

家モンスタッフ

 

 

 

友だち追加
住宅ローン無料相談
  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
長野県で新築・ローコスト住宅といえば家モン       
予約特典あり!イベント予約